湯房蔵屋の一番の強みは、女性社長の存在

湯房蔵屋では、面接・接客講習・日頃の悩み相談から仕事での悩み相談まで、すべて社長が行います。今、貴女が悩んでいることや稼ぎたいけどどうしたらいい?といった思いにも親身になって考え、答えを出してくれます。そこが当店の一番の強みだと自負しています。湯房蔵屋を卒業して他県に住むようになった女性が顔を出してくれるような事もあります。

社長の願いは「湯房蔵屋を最後の店にして欲しい」です。貴女の人生が毎日がハッピーになるように共に歩んでくれます。「面接」ではなくとも一度お話に来られてみてはいかがですか?社長と話をする事で、何か感じることができると思います。

代表メッセージ

何からお話したら良いのでしょうか、、、
そうですね、今、振り返ると風俗業界には向いてない私でした。
何も知らず右も左も分からない福岡に出てきて、正直言って一言で'芋姉ちゃん'だったと思います。
学校を卒業して社会に出たばかりの私、世の中の荒波に揉まれ、こうしたい、こうなりたいと好奇心ばかりは強い私でした。
何故か?物心ついた頃から、こうなるといいのにねーと思ったら、ほぼ、そうなる事がある...あらら、摩訶不思議なので、色んな事をするにも決して最後まで諦めませんでした。
荒波に揉まれ気がつけば25年‼この風俗業界の私です。
中洲のお店〜全国でも有名な高級店も経験してまいりました。
ある日先代よりお話を戴きまして、この蔵屋の伝統をを継承して欲しいと引継ぎました。活気のあった時代とは違い、時代の流れが早く、人と人の通いあう心がなくなってきている様に感じる今日この頃、この世の中は男と女しか居ません。値段が高かろうが安かろうが、想いは一つです。
私は、今迄の経験を生かし皆さんと同じように不安や心配な事、悩みを1つ1つ解決しながら今、現在を過ごしてる毎日です。
これまでに出逢った皆様、又、これから出逢う皆様宜しくお願い致します。福岡、博多中洲で一番の老舗、是非、湯房蔵屋にお越しくださいませ。

令和元年 12月 吉日
湯房蔵屋代表 光冨 理湖